●特定健康診査・特定保健指導●


メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)等の該当者・予備軍に対する保健指導を徹底するため、平成20年4月から、医療保険者(国保・被用者保険)において、40歳以上74歳以下の被保険者・被扶養者を対象に、特定健康診査(以下特定健診)及び特定保健指導(以下保健指導)の実施が義務づけられます。


●特定健康診査(特定健診)
・平成20年4月から開始
・メタボリックシンドロームの早期発見を目的とした健康診査
・40歳以上74歳以下の医療保険加入者が対象
・「基本的な健診項目」(すべての対象者が受診)と「詳細な健診項目」(医師の診断により受診)がある
 基本的な健診項目…1.問診(生活習慣、行動習慣)
 基本的な健診項目…2.診察(理学的所見)
 基本的な健診項目…3.身体計測(身長、体重、腹囲、肥満度、BMI)
 基本的な健診項目…4.血圧
 基本的な健診項目…5.血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
 基本的な健診項目…6.肝機能検査(AST、ALT、γ-GT)
 基本的な健診項目…7.血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c検査)
 基本的な健診項目…8.尿検査(尿糖、尿蛋白)
 詳細な健診項目…1.心電図検査
 詳細な健診項目…2.眼底検査
 詳細な健診項目…3.貧血検査


●特定保健指導(保健指導)
・特定健診でメタボリックシンドロームと判定された方、あるいは一定のリスクを持つ方に実施
・特定健診の結果から、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目し、リスクの高さや年齢に応じて保健指導のレベル分けがされる
 軽度…「情報提供」
 中度…「動機付け支援」
 重度…「積極的支援」
・平成27年度には平成20年度と比較して、生活習慣病の有病者・予備軍を25%減少させることが目標



○メタボリックシンドロームって?
内臓脂肪型肥満のこと。
内臓脂肪の蓄積により、インスリンの働きが低下し、糖代謝異常(糖尿病等)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症等)、高血圧などの動脈硬化や脳卒中などのの危険因子が集積している状態。
食生活の改善と運動や睡眠により改善されます。


戻る